2015/09/27

吃音、どもりはただの「生理現象」でしかない

 

この記事を書いている人 - WRITER -
幼少の頃から重度の難発の吃音を抱えてきた経験を生かして、吃音者が自分らしく楽しい人生を送られるようになるための情報をブログなどで発信しています。

 

どうもこんばんは!

月也です。

 

あなたは、

どもることは「恥ずかしいこと」だと思っていませんか?

もしくは、

怖いこと」などというように。

 

確かに人前でどもってしまうと、
ものすごく恥ずかしい思いをするし、
それに対して恐怖心を抱いてしまうのもしょうがないと思うんです。

どもるといい顔はやっぱりされませんからね。

僕はその典型の人間で、
それが原因で人との接触を逃げ回っていたので。

「とにかく吃音者だとは気付かれたくない。」

その一心で生きていました。

当時は相当辛かったですけどね。

 

でも別に、

実はどもりなんて恥ずかしいことではないし、
恐怖心を覚える必要なんてないんですね。

普通なことなんです。

別に悪いことでも何でもない。

 

これから話すことを聞けばそのことは本当に納得できると思うので、

ぜひじっくり読んでいただければなと思います。

 

 

 

あなたの周りに友人などがいると思うんですが、

その人たちが話しているところを一度、
じっくり観察してみてください。

話し方とかいろいろです。

そこで、ある発見が得られると思うんです。

それは何かというと、

普通にどもっている

ということなんですね。

言葉に詰まったり、
連発したりということを普通にしているはずです。

だから人間必ず「どもるんですよ」

どんな人であっても。

 

吃音者かそうでないかの違いは、

どもりを気にしているか

そうでないか

たったこれだけの違いです。

これが、大きな隔たりを生んでるんですね。

 

 

吃音持ちの人がどもりを恥ずかしがるというのは、

人前でただくしゃみをしただけなのに
異様に恥ずかしがっているようなもので。

それってかなり周りから見たら変に映りますよね。

うわ、あの人くしゃみしただけなのになんであんなにうろたえてるんだ?

みたいに周りは感じてしまう。

でもその場で何もしなければ、
周りの人は別に何とも思わないんです。

だって「くしゃみをしただけ」だから。

そこで変に反応を取ってしまうからいけなくて。

それはどもりも同じです。

周りから見たらただ「言葉に噛んだ」だけなのに、
吃音者はそのことに強い罪悪感を感じてしまっている。

その罪悪感は、感じる必要のないものですよね。

 

 

どもりとは「単なる生理現象」に過ぎなくて、
それを怖がる必要は全くないということなんです。

僕はこのことに気が付けたおかげで、
「堂々とどもれる」ことができるようになりました。

今では本当に普通に人前でどもることができるし、
そのことで変に凹むということもありません。

どんな人でも普通にどもることはあるし、
生理現象でしかないから。

このことを頭の底から理解できるようになると、
どもりに対しての恐怖心が無くなっていくし、
普通に会話をすることができるようになっていくと思うので、
ぜひ頭に刷り込んでいただければなと思います。

 

 

最後にもう一度言っておきますね(笑)

「どもりはくしゃみみたいなもので、生理現象に過ぎない」

ということです(笑)

 

それでは、どうもありがとうございました!

 

ページを閉じるその前に・・・



あなたは今、

吃音を克服したい!

という願いを持っていませんか?


もしそうだとしたら今すぐに、
2週間で吃音を克服するための無料メール講座
を受講してみてください。

必ず吃音を克服するきっかけになるはずです。


また今登録してくださった方には

苦手な言葉を”言えるレパートリー”にする秘訣

というプレゼントレポートも用意しているので、

吃音を絶対に克服したい!
吃音のストレスから解放されたい!
ありのままの自分で生きられるようになりたい!

という方は今すぐ下記のリンクをクリックして購読してみてくださいね。


⇒ 吃音克服を望む方は今すぐこちらをクリック



この記事を書いている人 - WRITER -
幼少の頃から重度の難発の吃音を抱えてきた経験を生かして、吃音者が自分らしく楽しい人生を送られるようになるための情報をブログなどで発信しています。