吃音歴20年

序章 吃音歴20年 ←

第一章 吃音人生の始まり

第二章 吃音の悪夢 ~地獄の高校時代~

第三章 運命の出会い ~吃音克服へ~

 

 

僕は長い間、

「吃音(きつおん)」または「どもり」

と呼ばれる症状に悩まされてきました。

頭に浮かんでいる言葉が声としてすぐに出てこない、
そういう病気です。

自殺者が毎年あとを絶たないほど「キツイ」障害で、
僕自身、自殺を真剣に考えたことが何度もあります。

僕は自分に「絶望」していました。

「なんで俺だけがこんな目に合わなくちゃいけないんだ!」

自分自身を、そして周りの環境を恨みました。

そして、世の中に必要のない人間なんだ・・・。

と、自分の存在を否定するような、
そんなことばかりを考えていました。

昔の僕は、

「自分の殻」に完全に籠っていました。

「他人と比べられるのが怖い!」
「他人と接しなければ吃音で苦しむことも無い!」

今思うと本当に愚かだったなと思うのですが、
当時はそれだけ吃音というものに悩んでいました。

吃音のことを「最大の恥」」だと考えていて、
常に「どもらないように、どもらないように」
と、吃音のことを隠す日々を送っていました。

このページを読んでくださっているあなたも、
大きなコンプレックスを抱えているかもしれません。

僕と同じ吃音かもしれないし、
他の見た目に関することや病気かもしれない。

ただこれだけは言えるのですが、
「コンプレックスは自分次第で必ず克服することが出来ます!!」

「そんなわけないじゃん(笑)コンプレックスはコンプレックスのままだろ」
と思われるかもしれませんが、
そんなことは決してありません!

事実、僕は一時自殺を考えたほどの最大のコンプレックスであった「吃音」を、
克服することが出来ています。

ただ勘違いしてほしくないのですが、
アナウンサーや声優のようにスラスラ話せるようになったわけではありません。

「普通にどもります」

ですが、そのこと自体で悩むことが無くなったということです。

以前は少し言葉に詰まっただけで、
「俺はなんて駄目な奴なんだ・・・」
「どもるぐらいなら死んだ方がましだ・・・」
と、かなり落ち込んでいたりしました。

しかし今は、
「あ、どもっちゃった(テヘ!)」
「悪い、俺吃音持ってるからさ(笑)」
と、吃音のことを「オープンに」できるようになりました。

大したことないように感じられるかもしれませんが、
これは本当に大きな進歩だと感じています。

以前は常に「爆弾」を抱えているような状態だったんですね。

「いつ吃音爆弾が爆発してしまうんだろう・・・」
常に爆発して、吃音がばれる心配ばかりしていました。

ですが今はそのような心配をすることが無くなったので、
本当に自然体で日々を生活できるようになりました。

前はマクドナルドに入ることもできませんでしたからね(笑)
注文の時にどもるのが怖くて。
ですが今は平気な顔をして注文を出来るようになりました。

僕がこんな風になれたのは、

「自分の一部」「個性」だと思えるようになったのが大きいです。

自分の一部なわけなので、
別に恨んだりはしないわけですよ。

そして、自分を彩ってくれている一つの要素だと
捉えられるようになりました。

僕が最大のコンプレックスであった吃音を克服できたのは、
ある「出会い」が大きかったわけですが、

そのためには僕の今までの「人生」を見てもらった方がよりわかりやすいと思うので、
そちらをまず読んでみてください!

「お前の人生なんか興味ないんだけど(笑)」
と思われるのは重々承知です(笑)

ですが、全くの赤の他人の物語に触れることって結構大事なんです。

「へぇ、こんな人生もあるんだ」
「下には下がいるもんだ(笑)」

自分の中に「引き出し」が増えるし、
勇気も出てくると思います。

「こんなダメダメな奴も買われたんだから自分も!」
と、希望も湧いてくると思います。

あなたの時間の無駄にならないように、
僕も全力で書くので。

ちょっとした小説を読む感じで見てみてください。

すみません申し遅れました(笑)

「月也(つきや)」と申します!

現在25歳になりますね。

まだまだ25のぺーぺーなんですが、
「若造が変なこと言っているよ」
というスタンスで見てみてください(笑)

それではまずは僕が吃音を発症した「幼稚園時代」からどうぞ。

⇒ 第一章 吃音人生の始まり に進む

RETURN TOP

管理人:月也


吃音に押さえつけられて生きていくのではなくて、ありのままの自分で生きていきましょう!

このサイトに初めて訪れた方はまずは下記のページを読んでみてください。

20年来の難発の吃音を乗り越え人生が変わった男の話