2015/09/27

吃音を改善させる最速最良の方法

 

電子書籍発売中

『吃音人生23年~吃音を否定しない生き方』
という電子書籍をamazonにて発売しました。

これまでの吃音人生を赤裸々に語った書籍です。
ぜひ読んでもらえたらうれしいです。

⇒ 書籍の詳細はamazonの販売ページで

この記事を書いている人 - WRITER -
幼少の頃から重度の難発の吃音を抱えてきた経験を生かして、吃音者が自分らしく楽しい人生を送られるようになるための情報をブログなどで発信しています。

 

どうも月也です。

 

吃音を改善させたい!

吃音を克服したい!

という願望をあなたは今持っていると思います。

 

重い吃音を持っていると生活に支障が出たりとか
まともに働けなかったり、
とにかく辛すぎることが多いですからね。

 

それで、吃音を改善させると考えた時に
絶対に意識しておきたいことというのがあって。

そこを意識することができれば間違いなく吃音は改善していくし、
人と普通にコミュニケーションを楽しめるようにもなるはずです。

仕事もこなせるようになったりとか。

 

 

僕はもともと重度の難発の吃音者で、
一番ひどいときは声をまともに発することができないくらいだったんです。

親とすらも全くコミュニケーションを図ることができませんでした。

ただそのことを意識したことによって
少しずつではあるんですけど自分というものが変わっていって
吃音も改善していったんですよね。

今では普通にコミュニケーションを取る分には
全く問題ないくらいには吃音を改善させることができています。

 

 

じゃあその「意識するべきことって何なの?」という話なんですが、

それは

吃音以外の部分で自分を成長させる

ということなんですよね。

 

話を聞いただけだとピンと来ないかもしれませんが
吃音を改善させるうえで最も重要な概念のひとつになってくるので
ぜひ参考にしてもらえればなと思います。

 

 

吃音を他の部分でカバーする

 

吃音以外の部分で自分を成長させる

というのはどういうことかというと、

他の部分で「補強する」と言えばイメージしやすいかもしれません。

 

吃音という最大の弱点は取りあえず置いておくんですよ。
そこにフォーカスしていると心が苦しくなってくるだけなんで。

そして他の部分、まあ何でもいいんですけど、

例えば「身体を鍛える」だとか、
英語をマスターする」とか、
心理学について学ぶ」だとか、
他の分野で自分を成長させることを意識する、
ということなんです。

そうすることで自分に自信がついていくんですよね。
それが吃音を改善させるうえで非常に重要になってくる。

 

 

吃音自体をどうこうしようとしても、
やっぱり難しいんですよ。

今は正直な話具体的な解決策なども見つかっていないんで。
見つかっていたとしても、世間に普及されるには
どれだけの時間がかかるかわからない。

風邪と同じように、
「これさえやれば誰でも今すぐに吃音をなくすことができます!」
なんてものは現状ないんですね。

 

しかし、以前にこの記事でも書きましたけど

⇒ 吃音症の原因は肉体的な問題ではない

吃音というのはもともと「精神的な問題」から来る症状なんです。

だから他の部分で自分を成長させて自信や精神的成長を促すことで
吃音をカバーすることができるようになり、
吃音を改善させていくことができるんです。

 

 

“自信”で吃音を保護する

 

考え方としては、
肘の靭帯を損傷したプロ野球選手
がわかりやすいかもしれません。

 

例えば最近ヤンキースのマー君が肘の靭帯を損傷して
一時期投げられなくなった時があったじゃないですか。

それでマー君は靭帯自体を治すには
新しい靭帯を移植する必要があったりして
あまりにも時間がかかる、として

周りに筋肉をつけることで靭帯を補強する

という手法を取ったんです。

筋肉という鎧を靭帯の周りにまとわせることで、
靭帯にかかる負担を軽減させる、という手段を取った。

そして今は靭帯自体は治っていないんだけど、
普通に投球ができるまでになっていますよね。

 

 

それと考え方はまったく同じなんです。

「自信」という筋肉を吃音の周りに補強することで、
吃音がなるべく表に出ないようにカバーする。

そうすることで吃音って改善されていくんです。

何故なら吃音というのは「精神的な問題」からくる症状だから。
僕は今までそのアプローチをとっていたんです。

特別なことなどは別に何もしていなくて、
吃音を受け止められるだけの「精神的余裕」を身に着けることに
フォーカスしていたというか。

そしてどもっても別に何とも思わない心の強さというものを手に入れて、
吃音自体も徐々に改善されていった、という感じなんですけど。

 

 

吃音自体を治そうとすると苦しくなる

 

みんな、そもそもフォーカスするべき部分が間違っているんですよね。

吃音は靭帯みたいなもので自然に治るなんてことは無いんです。

吃音自体を消そうと努力したところで、
ストレスに苦しむだけなんですよね。

 

だから、「他の部分でカバーをする」という考え方を持つようにする。

それは本当に何でもいいんです。

恋愛をして自分に自信をつけるということでもいいし、
身体を鍛えるということでもいいし、
料理の腕を鍛えるとかでもオーケーで。

そういうアプローチをとっていくことで
自分に自信というものが確実についていくので、
その自信が吃音を保護する役割を担ってくれるんですね。

吃音を受け止めるだけの精神的余裕を生み出してくれるというか。

たとえどもったとしても全く動じなくなっていくので、
「自然とどもれる」ようになっていっていずれ吃音のことが気にならなくなり、
吃音の症状が改善されていくと、そういう感じなんです。

 

 

嫌なことにフォーカスしてもただただ苦しいだけなんですよね。

特に吃音なんていうバカでかい悩みにフォーカスしてばかりいたら
そりゃ精神的に追い込まれるよという話で。

他のこと、好きなこととか興味を持てることに気を向けることで
その嫌なことに意識が向かなくなって、
ストレスを感じなくなっていく、ということですね。

そして他の部分で自信をつけることもできれば、
吃音が改善されていく、と。

何度も言ってますけど
吃音というのは「精神的な問題」なんで。

 

なので自分が好きなこと、
興味があることがあったらぜひ全力で取り組んでみてください。

何かについて学ぶ、
例えば心理学について学ぶとかでも全然オーケーだと思います。

 

それこそが、
吃音を改善し、
克服させる僕が知っている現時点での最良の方法ですね。

 

それではありがとうございました!

 

 

ページを閉じるその前に・・・



あなたは今、

吃音を克服したい!

という願いを持っていませんか?


もしそうだとしたら今すぐに、
2週間で吃音を克服するための無料メール講座
を受講してみてください。

必ず吃音を克服するきっかけになるはずです。


また今登録してくださった方には

苦手な言葉を”言えるレパートリー”にする秘訣

というプレゼントレポートも用意しているので、

吃音を絶対に克服したい!
吃音のストレスから解放されたい!
ありのままの自分で生きられるようになりたい!

という方は今すぐ下記のリンクをクリックして購読してみてくださいね。


⇒ 吃音克服を望む方は今すぐこちらをクリック



この記事を書いている人 - WRITER -
幼少の頃から重度の難発の吃音を抱えてきた経験を生かして、吃音者が自分らしく楽しい人生を送られるようになるための情報をブログなどで発信しています。