2015/09/27

吃音に対する恐怖心の正体

 

電子書籍発売中

『吃音人生23年~吃音を否定しない生き方』
という電子書籍をamazonにて発売しました。

これまでの吃音人生を赤裸々に語った書籍です。
ぜひ読んでもらえたらうれしいです。

⇒ 書籍の詳細はamazonの販売ページで

この記事を書いている人 - WRITER -
幼少の頃から重度の難発の吃音を抱えてきた経験を生かして、吃音者が自分らしく楽しい人生を送られるようになるための情報をブログなどで発信しています。

 

どうもこんばんは!

月也です。

 

あなたもそうだと思うんですが、
吃音を持っている人は、

「どもること」に対して大きな恐怖心を持っている場合が多いんですよね。

どもりそうになったら、
そこで会話を切り上げてしまったり、
人から逃げるように去ってしまったり。

僕もご多分に漏れず、
そんな感じでしたね。

とにかくどもることが怖くて怖くて堪らなくて、
人を可能な限り避けていたし、
最悪の時は対人恐怖症みたいになって
人と一緒にいるだけで身体が震えだすほどになってしまっていました。

「なんでそれほどまでにどもることが怖いのか?」

最近そのことについて時間をかけて考えていたんですけど、

それの答えに近いものが、わかりました。

 

人によって回答は様々だと思うんですが、
僕は自分の経験から
「これが真実だ」
と確信できていることがあります。

それは何かというと、

吃音者だと知られていないから、どもるのが怖い

ということなんですよ。

「は?お前何言ってんの?」

みたいな声も聞こえてきそうなんですが、
これから詳しくお話ししていくのでもうすこしお付き合いください。

 

 

吃音者というのは、
普通にしている限りは「普通な人」なわけじゃないですか。

まあよほど特徴的な何かがありでもしない限り、
変な風には見られないと思います。

そんな人間が、
しゃべりだしたとたんに急にどもりだす、と。

そこでびっくりしてしまう人もやっぱりいると思うんです。
なんか引いてしまったりだとか。
極々一部ではありますけどね。

その反応」が怖くてどもりを隠すようになって、
どもり自体が怖くなっていく。
そういう面は間違いなくあるんですね。

そして吃音者は別にしゃべらなければ、
「普通の人」でいられるわけで。

別に変な目で見られることもない。

だからしゃべること自体から避けるようになってしまう。
当然人と関わることも減るので、
どんどん内へ内へ閉じこもる・・・。

僕はまさにこの流れだったんですが、
しかし前の記事でも書いたんですけど、

どもりなんてのはただの生理現象
なわけですよ。

誰でも完璧にしゃべるなんてことは不可能なわけで。

なので不必要に気にする必要もないし、
隠す必要もないんです。

 

だからぶっちゃけ、

どもりのことを公表した方がかなり楽になるんです

余計なしがらみが無くなるので。

「でもそんなことしたら、白い目で見られるようになるんじゃ・・・。」

と心配してしまう人もいると思うんですけど、
普通の人にはそもそも「吃音者」なんていう
存在自体知らない人が多いんですね。

どもりのことは知っていても、
吃音者という存在がいることは知らない。

だからそこで変な目で見られるようになったりとかはまずありません。

 

僕はこれまで何十人という人に自分が吃音持ちであることを告げてきました。

でもそこでキチガイを見るような目で見られたことは一度もありません。

優しい言葉をかけられたり、
同情されたり、
かなり薄い反応が返ってきたことはありましたけど(笑)

 

始めはやっぱり難しいと思うんです。
周りの人に自分の吃音を告白するというのは。

そこで、ごく身近な人。

家族とか、親友とか、恋人とか。

そういう人たちにまずはさらけ出してみてください。

心の荷が下りて、
すごい気持ちが楽になるはずです。

「なんで今まで自分の中だけで抱えていたんだろう・・・。」
と思うほどに。

そして自分が吃音者だと告白することに抵抗が無くなってきたら、
職場の人とか、
そういう人にも言ってみる。

そうすれば吃音を隠す必要がなくなるので、
本当に悩む、苦しみが確実に減るんですよ。

万が一そこでとやかく言ってくる人がいた場合は
もう無視してください(笑)

そんな人間と関わっても碌なことにならないんで。

「ああ、この人は心が狭い人なんだな」
このぐらいに捉えてオーケーです。

でも99%以上の人は、
そこで受け入れてくれます。

 

 

「吃音に対する恐怖は、

 自分が吃音者であることを隠しているから起きているんだ」

 

このことをぜひ覚えておいてください。

吃音を隠していても、
良いことなんて本当にないので。

それに世の中、
思っている以上に暖かいですよ。

 

では、どうもありがとうございました!

 

 

ページを閉じるその前に・・・



あなたは今、

吃音を克服したい!

という願いを持っていませんか?


もしそうだとしたら今すぐに、
2週間で吃音を克服するための無料メール講座
を受講してみてください。

必ず吃音を克服するきっかけになるはずです。


また今登録してくださった方には

苦手な言葉を”言えるレパートリー”にする秘訣

というプレゼントレポートも用意しているので、

吃音を絶対に克服したい!
吃音のストレスから解放されたい!
ありのままの自分で生きられるようになりたい!

という方は今すぐ下記のリンクをクリックして購読してみてくださいね。


⇒ 吃音克服を望む方は今すぐこちらをクリック



この記事を書いている人 - WRITER -
幼少の頃から重度の難発の吃音を抱えてきた経験を生かして、吃音者が自分らしく楽しい人生を送られるようになるための情報をブログなどで発信しています。